積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)で長期資産運用(外貨預金より有利なFX)

限定タイアップキャンペーン実施中。SBI FXトレードが提供している、全く新しいFXサービス「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」を利用して、FX取引での定期自動購入積立の長期運用を実践、検証していきます。ドルコスト平均法による為替差益とスワップポイント(金利)の両取りをしていきます。
SBI FXトレード

外貨預金より有利に外貨運用ができる「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
SBI FXトレードが提供している「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」は、高金利が魅力の外貨預金を始めようとされている方には必見の、外貨預金よりもかなり有利に外貨運用ができる、FX取引の仕組みを最大限に有効利用した他社にはない新しいサービスです。

私も実際に運用を始めていますが、ポイントごとに外貨預金と比較検討をすることにより、この「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」が本当に有利なものであることが鮮明になってきます。
以下に、そのポイントをあげますので、運用開始の検討材料にしてください。(各記事への直リンクです。)


いかがでしょうか。
ここまで読んでいただいて、少なくとも外貨預金よりは、相当に有利であることはご理解いただけたと思います。
少額から取引ができますので、ご自身に合った金額設定により、円預金より有利な外貨運用を始めていただければと思います。

日銀のマイナス金利導入発表以降、国内の金融機関から金利引き下げのニュースが後を絶たず、日本円での銀行預金金利がほぼ期待できない状況となった中で、外貨預金を選択する方が増えています。
しかし、見かけの高金利にひかれて安易に外貨預金へ切り替えたりすると、せっかくの外貨運用にもかかわらず、非常に効率の悪い資産運用となってしまいます。

外貨預金をやめろとまでは言いませんが、実際に外貨預金とFXの両方の利用経験がある私としては、無駄なコストが多すぎる外貨預金だけは選択肢にありません。

SBI FXトレードの「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」については、下のバナーから公式サイトをご訪問いただき、詳細をご確認ください。
  SBI FXトレード
現在口座開設で現金500円プレゼントキャンペーン中です。
現金500円プレゼントの適用には、「FX取引口座」の開設が必要のため、口座開設申込時に「FX取引口座及び定期取引口座」を選択してください。
(キャンペーン適用の必要が無い方は、「定期取引口座」の選択で大丈夫です。)

(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SBI FXトレード レバレッジ付き定期外貨取引 長寿国日本だからこそ、長期間投資による資産形成も重要です。

世界屈指の長寿国である日本では、退職後のセカンドライフの期間が長くなります。
その期間が長くなるほど、その分より多くの老後の生活資金が必要になります。

お金が幸せの全てではありませんし、社会保障によって最低限の生活をしていくことはできますが、夫婦で旅行を楽しんだり、趣味を充実させたりするには、やはりそれなりのお金が必要となります。

現在、20代から40代くらいの働き盛りの年代にとって、大きな退職金があてにできる人はいいでしょうが、通常の方は、自分の退職時の状況は不透明だと思います。
私もアラフォーのサラリーマンですが、20数年後に訪れる退職時の状況など全く想像できません。(退職金や退職後の公的年金の状況など。)
公的年金では、運用による損失が何兆円というニュースも出ていますが、安倍首相は、「年金資金の運用損失状況によっては、将来の年金給付額の減額もありえる」との認識を示されており、最後の支えであるはずの公的年金でさえも、それだけを当てにするのは危険だと思います。

そんな中で重要になるのは、個人での備えです。
これまでは、定期預金や各種保険商品などを利用して、老後に向けて「貯める」ことが中心でした。
しかし、前述のように、退職金や公的年金でさえも不透明な現代においては、「貯める」だけでは不十分で、「増やす」ことが重要となります。
そうなると、超低金利の円定期預金や日本国債、各種保険商品といった「日本円」で運用する金融商品では「増やす」ことは非常に困難だと思います。
これまでも低金利だったのですが、日銀のマイナス金利導入により、もはや「日本円」での運用では「貯める」だけで精一杯ではないでしょうか。

そこで注目が集まっているのが、「外貨」での運用です。
外貨は、日本円と比較すると高金利のものがほとんどであるため、長期間にわたって運用することで、大きな金利を得ることが可能です。

代表的なものでは、「外貨預金」があります。
多くの金融機関が取り扱っており、売り込みが激しいこともあり、一昔前よりも身近な存在となっています。
私も数年前には、銀行の外貨預金で豪ドルを預金していた経験があります。
ただ、外貨預金にはコストが付き物で、その代表的なものが為替コストです。
預ける際と払い戻す際の為替レートに差を付け、その差の分だけ金融機関が手数料的なものとして儲けを出しています。

こういったコストだけでなく、数多くの項目で外貨預金よりも有利な運用が期待できるものが、レバレッジ付き定期外貨取引です。
レバレッジ付き定期外貨取引の有利な点、強みについては、このブログの最上段の記事にて紹介していますので、参考にしてください。

実際に私自身も、約20年後の老後に向けて運用している最中ですが、これまでのところ、想定どおりの高金利が実現しています。
外貨預金も経験している私としては、比較して考えるまでもなく、レバレッジ付き定期外貨取引の有利さを感じています。

もちろん、老後の備えを外貨運用のみにしてしまうのは大変危険です。
ある程度のリターンが期待できる以上、ある程度のリスクは存在します。
私自身も、日本円での預金もしています。
また、別のブログになりますが、投資信託での運用も老後に向けて行っています。(こちらも運用状況を全公開しています。)

投資においては、リスクは付き物ですから、こうして様々な商品に分散して運用することが重要だと思います。
分散投資により、結果として全体で安定した成果を求めることができます。

いずれにしても、一人の個人ができる資産運用には限りがあります。
しかし、今では、このレバレッジ付き定期外貨取引であれば毎月数千円から運用することができますし、投資信託でも月500円から運用できるようになっています。
自分には関係ないとあきらめてしまってはいけません。
豊かな老後を送るためにも、投資期間が長くとれる今のうちから資産運用を始めることが、非常に重要です。
自分にできる範囲で無理なく資産運用をすることが長く続ける秘訣です。

老後に向けた資産運用は、早く始めて損することはありませんし、50歳を過ぎていても遅すぎることもありません。
始めようと思った時が、始め時だと思います。

あなたの資産運用の一つとして、レバレッジ付き定期外貨取引を検討されてみてはいかがでしょうか。

積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ 2016/04/15 14:49 ] その他、お知らせ等 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

kukaku

Author:kukaku
SBI FXトレードが導入した新商品「レバレッジ付き定期外貨取引」を利用して、FXでありながら、定期自動購入積立の長期資産運用を実践、検証しています。

現在の私の積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)注文内容
現在の「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」の注文内容は以下のとおりです。

豪ドル:毎日:3倍:月5,000円
NZドル:毎日:3倍:月5,000円
南アランド:毎日:2倍:月5,000円

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

(平成28年1月11日開始)
検索フォーム
サイトマップ
過去記事の閲覧は、こちらから。

全ての記事を表示する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。