積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)で長期資産運用(外貨預金より有利なFX)

限定タイアップキャンペーン実施中。SBI FXトレードが提供している、全く新しいFXサービス「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」を利用して、FX取引での定期自動購入積立の長期運用を実践、検証していきます。ドルコスト平均法による為替差益とスワップポイント(金利)の両取りをしていきます。
SBI FXトレード

外貨預金より有利に外貨運用ができる「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
SBI FXトレードが提供している「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」は、高金利が魅力の外貨預金を始めようとされている方には必見の、外貨預金よりもかなり有利に外貨運用ができる、FX取引の仕組みを最大限に有効利用した他社にはない新しいサービスです。

私も実際に運用を始めていますが、ポイントごとに外貨預金と比較検討をすることにより、この「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」が本当に有利なものであることが鮮明になってきます。
以下に、そのポイントをあげますので、運用開始の検討材料にしてください。(各記事への直リンクです。)


いかがでしょうか。
ここまで読んでいただいて、少なくとも外貨預金よりは、相当に有利であることはご理解いただけたと思います。
少額から取引ができますので、ご自身に合った金額設定により、円預金より有利な外貨運用を始めていただければと思います。

日銀のマイナス金利導入発表以降、国内の金融機関から金利引き下げのニュースが後を絶たず、日本円での銀行預金金利がほぼ期待できない状況となった中で、外貨預金を選択する方が増えています。
しかし、見かけの高金利にひかれて安易に外貨預金へ切り替えたりすると、せっかくの外貨運用にもかかわらず、非常に効率の悪い資産運用となってしまいます。

外貨預金をやめろとまでは言いませんが、実際に外貨預金とFXの両方の利用経験がある私としては、無駄なコストが多すぎる外貨預金だけは選択肢にありません。

SBI FXトレードの「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」については、下のバナーから公式サイトをご訪問いただき、詳細をご確認ください。
  SBI FXトレード
現在口座開設で現金500円プレゼントキャンペーン中です。
現金500円プレゼントの適用には、「FX取引口座」の開設が必要のため、口座開設申込時に「FX取引口座及び定期取引口座」を選択してください。
(キャンペーン適用の必要が無い方は、「定期取引口座」の選択で大丈夫です。)

(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SBI FXトレード レバレッジ付き定期外貨取引の強み(その5) 為替差益は申告分離課税で、一律の税率(総合課税ではありません。)

私自身が、実際に利用して検証していく、SBI FXトレードの「レバレッジ付き定期外貨取引」の強みについて紹介していきます。
これを読んでいただければ、なぜ私が、「外貨預金をするのはもったいない」と感じたかが、ご理解いただけると思います。

今回は、為替差益は申告分離課税となり、一律の税率となる点について、紹介します。

長期間にわたり、定期的に外貨を積立購入していくわけですから、スワップポイント狙いのみならず、購入単価を引き下げることによる為替差益も狙っていくことになります。
今回は、この為替差益にかかる税金についてです。

例えば、1ドル=100円の時に、100ドル購入するためには10000円が必要となりますが、これを、1ドル=110円のときに100ドル売却すれば11000円となって手元に戻ってきます。
この差額1000円のプラスが為替差益です。
これは、レバレッジ付き定期外貨取引であろうと、銀行の外貨預金であろうと、どちらでも同じように獲得できる利益です。
しかし、この利益に対して課税される税金の制度が異なります。

外貨預金の場合は、総合課税の対象となる雑所得となります。
したがって、他の給与所得や一時所得などの総合課税対象の所得と合算されて、課税されます。

一方、レバレッジ付き定期外貨取引は、FX取引であることには変わりがありませんので、申告分離課税の雑所得となります。
申告分離課税の税率は一律20%(所得税15%・住民税5%)です。
(但し、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間については、所得税額に対し2.1%の「復興特別所得税」が課されます。したがって同期間の税率は「一律20.315%」(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)+住民税5%)となります。)

為替差益が出た場合には、このように税率が異なりますので、他の所得が少ない方であれば、外貨預金の方が有利になるでしょうし、そうでない方は申告分離課税の方が有利になりますので、一概にどちらが有利とは決められません。

次に、万一、為替差損が発生した場合です。
円高に振れた場合には、元本割れをしますので、これが為替差損となります。
外貨預金の場合は、雑所得扱いですから、差損が発生した年は、他の雑所得で黒字があればそれと通算できますが、そうでなければ、その差損はそれでおしまいです。

しかし、但し、レバレッジ付き定期外貨取引は、FX取引ですから、他の先物取引や等との損益通算ができますし、損失分が残ってしまった場合、翌年以降3年間にわたって、損失を繰り越すことができるため、翌年以降のプラスと損益通算できるため、損失でも無駄になりません。
この翌年以降への損失の繰越は、非常に大きなアドバンテージでして、特に長期間運用が基本となるわけですから、1年単位で損益を区切られてしまうよりも、数年間で損益を考えればよいので、精神的にも余裕を持って運用を続けられます。

このように、税金面では、為替差益となった場合、差損となった場合、それぞれで特徴が異なります。
私の場合は、他のFX取引もしていますし、総合課税では不利になってしまいますので、圧倒的に、FX取引であるレバレッジ付き定期外貨取引が有利になると判断しています。

積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ 2015/12/27 21:49 ] レバレッジ付き定期外貨取引の概要 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

kukaku

Author:kukaku
SBI FXトレードが導入した新商品「レバレッジ付き定期外貨取引」を利用して、FXでありながら、定期自動購入積立の長期資産運用を実践、検証しています。

現在の私の積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)注文内容
現在の「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」の注文内容は以下のとおりです。

豪ドル:毎日:3倍:月5,000円
NZドル:毎日:3倍:月5,000円
南アランド:毎日:2倍:月5,000円

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

(平成28年1月11日開始)
検索フォーム
サイトマップ
過去記事の閲覧は、こちらから。

全ての記事を表示する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。