積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)で長期資産運用(外貨預金より有利なFX)

限定タイアップキャンペーン実施中。SBI FXトレードが提供している、全く新しいFXサービス「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」を利用して、FX取引での定期自動購入積立の長期運用を実践、検証していきます。ドルコスト平均法による為替差益とスワップポイント(金利)の両取りをしていきます。
SBI FXトレード

外貨預金より有利に外貨運用ができる「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
SBI FXトレードが提供している「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」は、高金利が魅力の外貨預金を始めようとされている方には必見の、外貨預金よりもかなり有利に外貨運用ができる、FX取引の仕組みを最大限に有効利用した他社にはない新しいサービスです。

私も実際に運用を始めていますが、ポイントごとに外貨預金と比較検討をすることにより、この「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」が本当に有利なものであることが鮮明になってきます。
以下に、そのポイントをあげますので、運用開始の検討材料にしてください。(各記事への直リンクです。)


いかがでしょうか。
ここまで読んでいただいて、少なくとも外貨預金よりは、相当に有利であることはご理解いただけたと思います。
少額から取引ができますので、ご自身に合った金額設定により、円預金より有利な外貨運用を始めていただければと思います。

日銀のマイナス金利導入発表以降、国内の金融機関から金利引き下げのニュースが後を絶たず、日本円での銀行預金金利がほぼ期待できない状況となった中で、外貨預金を選択する方が増えています。
しかし、見かけの高金利にひかれて安易に外貨預金へ切り替えたりすると、せっかくの外貨運用にもかかわらず、非常に効率の悪い資産運用となってしまいます。

外貨預金をやめろとまでは言いませんが、実際に外貨預金とFXの両方の利用経験がある私としては、無駄なコストが多すぎる外貨預金だけは選択肢にありません。

SBI FXトレードの「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」については、下のバナーから公式サイトをご訪問いただき、詳細をご確認ください。
  SBI FXトレード
現在口座開設で現金500円プレゼントキャンペーン中です。
現金500円プレゼントの適用には、「FX取引口座」の開設が必要のため、口座開設申込時に「FX取引口座及び定期取引口座」を選択してください。
(キャンペーン適用の必要が無い方は、「定期取引口座」の選択で大丈夫です。)

(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

円預金金利の低下に伴い、重要性が増している資産運用先の選択

今年の1月末、日銀からマイナス金利導入が発表されました。
当初は、個人の預金金利もマイナスになるのか、といった憶測が個人消費者の間で飛び交いましたが、これまでのところ、さすがに個人向けのものまでマイナス金利ということは無いということがはっきりしてきました。
とはいえ、ご承知の通り、金融機関の金利面の大幅な引き下げが発生しています。

マイナス金利導入のプラス面での直接的な効果が出ているのが、お金を借りる場合です。
住宅ローンをはじめ、金融機関から借り入れる際の金利も低下していますので、これは目に見えて分かる効果だと思います。

一方、預金金利に関しては、目に見えて分かる負の効果です。
マイナス金利導入発表当初は、定期預金を中心に金利引き下げが行われていましたが、2月中旬以降は、メガバンクを中心に普通預金金利も引き下げられています。
最近では、相対的に金利の高さが魅力であったネット専業銀行の預金金利にも、引き下げの波が押し寄せています。

このようなニュースが出ている中で、個人消費者の大半の方は、これからの預金(資産運用)をどうしようかと考えているはずです。
既に預けてある定期預金は大丈夫ですが、満期後の運用先だったり、普通預金の預け替えだったりと、老後に向けた資産運用を心配される方も多いのではないでしょうか。
老後と言えば公的年金ですが、その運用成績がおもわしくないようで、安倍首相は「運用状況によっては将来の年金給付減額もありえる」との認識を示されましたから、最後の支えである年金でさえも、それだけを頼りにするのはリスクが高すぎるかもしれません。

特に日本は、平均寿命が長く、女性は世界第1位、男性でも世界第3位であるとともに、過去最高を更新しており、寿命が延び続けていることが判明しています。(いずれも2014年、厚生労働省調査より)
平均寿命が延びるということは、セカンドライフの長期化を意味しており、当然のことながら、生活のための必要資金も増えてくるわけで、その意味でも現役時代からの個人個人での資産運用の重要性が増しています。

だからこそ、多くの方が老後に向けて各自で資産運用をし、資金的な備えをしているわけですが、円の金利低下によって、その選択肢に大きな影響が出てきていることは明らかです。
長期間預金していてもほとんど利息が期待できない円預金ではダメだということは分かっていても、代わりの資産運用先の選択に悩んでいる方が多いのが現実です。

そんな中で、特に最近になって、個人の方を中心に注目を集めているのが外貨運用です。
その理由は明白で、日本円での預金金利と比較すると、まだまだ外貨は高金利となっているからに他なりません。
最近では、ユーロのように低金利となっている外貨もありますが、オーストラリアドルやニュージーランドドルといったオセアニア通貨や、南アフリカランド等の新興国通貨では、年利数パーセントといった円預金とは比較にならない桁違いの高金利が通常となっています。

外貨運用で手っ取り早く、誰にでも分かりやすいのが、外貨預金です。手持ちの日本円を、為替レートに従って外貨に両替し預金するというものですから、理解しやすいです。
ただ、為替レートが影響しますので、外貨にして預金するときよりも、外貨から円に払い戻すときの方が円高になっていると、為替差損が発生しますので、元本割れのリスクがあります。
その他、高金利には当然理由があるわけで、高金利にしなければ預金が集まらないというカントリーリスクも存在します。
これは、どんな投資商品でも同じですが、金利が高いものは、その分、何かしらのリスクがあるということです。
まだまだ、外貨運用のリスクはありますので、運用前の確認は不可欠です。

さて、外貨預金と言えば、今では多くの金融機関で取り扱われているのですが、実際に利用していた私の経験では、正直なところ、無駄なコストが高すぎると感じています。
端的に現れているのが為替レートです。
通常、日本円から外貨にするレートと、外貨から日本円にするレートは異なります。
この差が、金融機関の手数料的な意味合いの利益となっています。

金融機関によってこの差は異なり、以前よりも差が縮まってきているのですが、例えば、三菱東京UFJ銀行の取引レートでは、アメリカドルで50銭、高金利で人気の高いオーストラリアドルで1円もの差があります。
例えば、豪ドルで1万ドル預金するためには、円から豪ドルに両替するためのレートが、1豪ドル=80円だとすると、80万円の日本円が必要となります。
この時、豪ドルから円に戻すためのレートは、1円差の、1豪ドル=79円となっています。
預け入れてすぐに日本円に戻した場合、1豪ドル=79円のレートが適用となり、1万豪ドルは79万円となって払い戻されます。
つまり、預け入れた瞬間から、マイナスからのスタートとなっているわけです。

このマイナスが大きいほど、いくら高金利といっても、金利で取り戻すためには時間がかかります。
(ただし、為替レートは変動しますので、あくまでもレートが変わらないという前提です。)
だからこそ、このレート差に関して言えば、小さければ小さいほど有利だと言えます。

このレート差が小さいのが、FX取引です。
例えば、先ほどアメリカドルが50銭と紹介しましたが、FXの世界では、この10分の1や100分の1である、5銭や0.5銭という小ささです。
5銭程度の差であれば、高金利で運用することで、すぐに取り戻せます。

以上のように、金融機関の手数料にあたるコスト面だけを見ても、外貨預金には大きなデメリットが存在していることが分かります。

そこで、実際に私も利用している外貨運用方法として利用者が増加しているのが、「レバレッジ付き定期外貨取引」という外貨運用商品です。
このブログの冒頭でも紹介していますが、外貨預金的にFXを利用している優れた商品設計のものですが、外貨預金と比較すると、数多くの項目で有利であることが分かります。
特に、預け入れた資金の安全面は重要視すべきもので、外貨預金は預金保護の対象外ですが、こちらでは全額信託銀行で保全されています。
その他の有利な点は、ブログ冒頭の記事にてご確認いただければと思います。

外貨運用について勉強され、これからいよいよ外貨預金を始める段階という方も多いことと思います。
しかし、その前に、一度立ち止まって、この「レバレッジ付き定期外貨取引」の概要に目を通していただきたいです。
外貨預金を経験している私が実際に利用した上で、その経験に基づけば、どうしても外貨預金での運用はもったいないと感じてしまいます。

最終的な判断は、個人の責任ですから外貨預金を選択されることは否定しませんが、様々な情報を見た上で判断した方が有利なことは世の中にはたくさんあります。
この記事の下にあるバナーから、SBI FXトレードの公式サイトへ訪問することができますので、ご確認いただき、それから「外貨預金」にするのか「レバレッジ付き定期外貨取引」にするのかを判断されても遅くないと思います。

実際に、毎営業日、少額ずつ外貨購入をしている私としては、これまでの運用状況を振り返ると、自信をもってお勧めすることができます。
日々の運用状況については、ほぼ毎営業日、こちらのブログにて全て公開していますので、ご覧いただければ一目瞭然かと思います。
円での定期預金は、満期前に解約しても通常は元本割れはしませんが、外貨預金は普通預金であってもすぐに円に戻せば先述の通り、為替レートの関係で元本割れしてしまいます。
外貨預金に預け入れてから後悔して、元本割れで円に戻すようなことにならないためにも、外貨預金をする前に「レバレッジ付き定期外貨取引」の有利さをご確認いただくことをお勧めします。

積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ 2016/03/16 15:11 ] その他、お知らせ等 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

kukaku

Author:kukaku
SBI FXトレードが導入した新商品「レバレッジ付き定期外貨取引」を利用して、FXでありながら、定期自動購入積立の長期資産運用を実践、検証しています。

現在の私の積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)注文内容
現在の「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」の注文内容は以下のとおりです。

豪ドル:毎日:3倍:月5,000円
NZドル:毎日:3倍:月5,000円
南アランド:毎日:2倍:月5,000円

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

(平成28年1月11日開始)
検索フォーム
サイトマップ
過去記事の閲覧は、こちらから。

全ての記事を表示する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。