積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)で長期資産運用(外貨預金より有利なFX)

限定タイアップキャンペーン実施中。SBI FXトレードが提供している、全く新しいFXサービス「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」を利用して、FX取引での定期自動購入積立の長期運用を実践、検証していきます。ドルコスト平均法による為替差益とスワップポイント(金利)の両取りをしていきます。
SBI FXトレード

外貨預金より有利に外貨運用ができる「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
SBI FXトレードが提供している「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」は、高金利が魅力の外貨預金を始めようとされている方には必見の、外貨預金よりもかなり有利に外貨運用ができる、FX取引の仕組みを最大限に有効利用した他社にはない新しいサービスです。

私も実際に運用を始めていますが、ポイントごとに外貨預金と比較検討をすることにより、この「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」が本当に有利なものであることが鮮明になってきます。
以下に、そのポイントをあげますので、運用開始の検討材料にしてください。(各記事への直リンクです。)


いかがでしょうか。
ここまで読んでいただいて、少なくとも外貨預金よりは、相当に有利であることはご理解いただけたと思います。
少額から取引ができますので、ご自身に合った金額設定により、円預金より有利な外貨運用を始めていただければと思います。

日銀のマイナス金利導入発表以降、国内の金融機関から金利引き下げのニュースが後を絶たず、日本円での銀行預金金利がほぼ期待できない状況となった中で、外貨預金を選択する方が増えています。
しかし、見かけの高金利にひかれて安易に外貨預金へ切り替えたりすると、せっかくの外貨運用にもかかわらず、非常に効率の悪い資産運用となってしまいます。

外貨預金をやめろとまでは言いませんが、実際に外貨預金とFXの両方の利用経験がある私としては、無駄なコストが多すぎる外貨預金だけは選択肢にありません。

SBI FXトレードの「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」については、下のバナーから公式サイトをご訪問いただき、詳細をご確認ください。
  SBI FXトレード
現在口座開設で現金500円プレゼントキャンペーン中です。
現金500円プレゼントの適用には、「FX取引口座」の開設が必要のため、口座開設申込時に「FX取引口座及び定期取引口座」を選択してください。
(キャンペーン適用の必要が無い方は、「定期取引口座」の選択で大丈夫です。)

(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SBI FXトレード レバレッジ付き定期外貨取引 マイナス金利導入により、外貨運用への注目が一層高まっています。

1月末に日銀が、マイナス金利の導入を決定してから約2週間が経過しました。
まだ2週間ですが、私たち一般消費者への影響が、徐々に表面化してきています。

最も身近なところでは、金融機関の預金金利の引き下げがあります。
この記事をご覧いただいている方の中でも、取引のある金融機関が金利引き下げを決定したところもあるのではないでしょうか。
高金利が魅力のネット銀行でさえも、金利引き下げの波が押し寄せています。
これまでは定期預金の引き下げが中心でしたが、本日のニュースでは、三井住友銀行が普通預金金利を、0.020%から0.001%へと0.019%もの引き下げを発表し、明日16日から実質的にほぼゼロ金利となり、報道では他の金融機関も追随するだろうとしています。

また、MMFの販売中止や、国債や社債の金利低下といったニュースも聞こえてきます。
これまでも預金金利は低金利でしたが、今回のマイナス金利導入によって、普通預金のみならず、中長期の定期預金までもが低金利となってしまいました。

今後、少なくとも、近い将来において、預金金利が上昇するとは思えない中で、注目を集めているのが外貨運用です。
日本がマイナス金利を導入する中で、相対的に金利が高くなった外貨運用が多くの日本国民の注目を集めるのは、ある意味当然のことではあります。
誰でも、不透明な将来に備えるための資産運用の必要性を理解されているわけですから、ほとんど利息の付かない円預金ではダメだと感じているものと思います。

外貨運用で真っ先に思い浮かぶのが、外貨預金です。
特に、外貨の定期預金では、日本円の定期預金とは比較にならないほど高金利の数字が踊ります。
しかし、いくら高金利だと言っても、昨今の円高を見ていれば、金利でもらえる額よりも為替レートの変動による差損金額の大きさに目が行き、なかなか外貨預金をやってみようという気にならないのも本音の部分だと思います。

そこで、実際に運用をしている私としてお勧めしたいのが、SBI FXトレードの「レバレッジ付き定期外貨取引」です。
「レバレッジ付き定期外貨取引」をお勧めできる点は、このブログの冒頭に記載している通りですが、その中でも特に「その1 
定期的に自動購入」ができる点が、この円高による恐怖感の中でも心理的な負担を軽減し、外貨運用を始めやすくしています。

ドルコスト平均法という投資手法が、外貨運用に限りませんが、投資の世界に存在しています。
簡単に言いますと、例えば1万ドルの外貨を購入するとしても、一度の1万ドルを購入するのではなく、複数回に分けて1万ドルを購入するという手法です。
この購入手法による利点については、この記事の下にあるSBI FXトレードのバナーから公式サイトをご参照いただけると解説が掲載されています。

複数回購入するといっても、毎日や毎週、金融機関の窓口に出向いたり、ネット取引だったりで手続きをし、外貨定期預金に預け入れるのは、その手間を考えても現実的ではありません。
その点を補うために登場したのが「レバレッジ付き定期外貨取引」で、こちらでは、最初の購入設定をするだけで、あとはその設定に従って定期的に自動で外貨購入を継続していきます。

「レバレッジ付き定期外貨取引」を活用した外貨運用については、このブログで私の運用状況を全て公開していますので、参考にしてください。
外貨預金などの外貨運用に興味のある方は、まずは、この記事の下にあるSBI FXトレードのバナーから公式サイトをご訪問いただき、「レバレッジ付き定期外貨取引」の概要をご確認ください。

積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ 2016/02/15 22:35 ] その他、お知らせ等 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

kukaku

Author:kukaku
SBI FXトレードが導入した新商品「レバレッジ付き定期外貨取引」を利用して、FXでありながら、定期自動購入積立の長期資産運用を実践、検証しています。

現在の私の積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)注文内容
現在の「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」の注文内容は以下のとおりです。

豪ドル:毎日:3倍:月5,000円
NZドル:毎日:3倍:月5,000円
南アランド:毎日:2倍:月5,000円

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

(平成28年1月11日開始)
検索フォーム
サイトマップ
過去記事の閲覧は、こちらから。

全ての記事を表示する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。