積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)で長期資産運用(外貨預金より有利なFX)

限定タイアップキャンペーン実施中。SBI FXトレードが提供している、全く新しいFXサービス「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」を利用して、FX取引での定期自動購入積立の長期運用を実践、検証していきます。ドルコスト平均法による為替差益とスワップポイント(金利)の両取りをしていきます。
SBI FXトレード

外貨預金より有利に外貨運用ができる「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
SBI FXトレードが提供している「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」は、高金利が魅力の外貨預金を始めようとされている方には必見の、外貨預金よりもかなり有利に外貨運用ができる、FX取引の仕組みを最大限に有効利用した他社にはない新しいサービスです。

私も実際に運用を始めていますが、ポイントごとに外貨預金と比較検討をすることにより、この「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」が本当に有利なものであることが鮮明になってきます。
以下に、そのポイントをあげますので、運用開始の検討材料にしてください。(各記事への直リンクです。)


いかがでしょうか。
ここまで読んでいただいて、少なくとも外貨預金よりは、相当に有利であることはご理解いただけたと思います。
少額から取引ができますので、ご自身に合った金額設定により、円預金より有利な外貨運用を始めていただければと思います。

日銀のマイナス金利導入発表以降、国内の金融機関から金利引き下げのニュースが後を絶たず、日本円での銀行預金金利がほぼ期待できない状況となった中で、外貨預金を選択する方が増えています。
しかし、見かけの高金利にひかれて安易に外貨預金へ切り替えたりすると、せっかくの外貨運用にもかかわらず、非常に効率の悪い資産運用となってしまいます。

外貨預金をやめろとまでは言いませんが、実際に外貨預金とFXの両方の利用経験がある私としては、無駄なコストが多すぎる外貨預金だけは選択肢にありません。

SBI FXトレードの「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」については、下のバナーから公式サイトをご訪問いただき、詳細をご確認ください。
  SBI FXトレード
現在口座開設で現金500円プレゼントキャンペーン中です。
現金500円プレゼントの適用には、「FX取引口座」の開設が必要のため、口座開設申込時に「FX取引口座及び定期取引口座」を選択してください。
(キャンペーン適用の必要が無い方は、「定期取引口座」の選択で大丈夫です。)

(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トランプ大統領の演説後、ドル買い継続、ダウ高騰で有利となっている資産運用はこちら

トランプ大統領の強気な発言が続く中で、就任決定後から、ドルの為替相場の方も、上昇したり下落したりと忙しく動いています。
ただ、先日行われた議会での演説については、多くのアメリカ国民が好意的に受け止めたという世論調査結果が出ているように、これまでで一番大統領らしい内容だったとの報道もありました。

こうした動きを受けてか、ここ最近、再度、ドル買いが強まるとともに、ダウ平均株価についても高騰しています。
日経平均のみならず、世界中の株価も上昇していますので、投資の面ではリスクを取る動きが強まっています。
リスク回避の円買い(円高)とは反対ということで、リスクオンの円売り(円安)へと動いていますので、外貨投資が非常に有利な環境となっています。

私自身も、このブログで紹介しているとおり、SBI FXトレードが提供している外貨商品である「積立FX」を活用して、外貨投資をしています。
そして、この円安の流れを受けて、運用状況も大きく好転しており、順調な運用が続いています。

SBI FXトレードの積立FXは、単なる外貨預金とは異なり、FXの仕組みを活用しており、資金効率が非常に優秀です。
それでいて、FXについて回るハイリスクな点では、極力リスクを抑える仕組みにされているため、投機的な取引はできませんが、資産運用の一つとして大きな役割を果たしています。

SBI FXトレードの積立FXがいかに有利であるかについては、この記事の上に紹介記事へのリンクがありますので、こちらからご覧いただければと思います。
短期売買でハイリスクハイリターンな運用をするFXとは異なり、積立FXは、その名の通り、積立預金のイメージで、長期間かけてコツコツと積み立てていきます。
私の場合は、数年ではなく、約20年もの長期間を積立期間として見込んで運用しています。
この手の積立投資の場合、長期間運用が基本となりますが、その中でも、積立期間が長ければ長いほど有利になる可能性が高まるという考え方が一般的です。
ドルコスト平均法を検索していただければ、いろいろと解説されているかと思います。
したがって、積立期間を長く取るためには、少しでも早く運用を始めることが重要となります。
自分はまだ若いから投資には関係ないと思われている方でも、このブログをご覧いただいているということは、少しでも外貨投資に興味をお持ちでしょうから、将来のために、今から少しずつ積み立てていかれてはいかがでしょうか。

公的年金が不透明な時代になっていきます。
だからこそ、今年から、個人型確定拠出年金(個人型DC)も公務員等、広く国民全般に開放されました。
国自らが、「これからは、各自の責任で投資をして老後に備えて欲しい」というメッセージを発しているものだと考えています。
外貨投資だけで資産運用をすることは絶対にやめるべきですが、様々な運用方法を組み合わせる中で、その一つとして、積立FXを活用することは、非常に大きな意義があると思っています。

積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ 2017/03/02 20:55 ] その他、お知らせ等 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

kukaku

Author:kukaku
SBI FXトレードが導入した新商品「レバレッジ付き定期外貨取引」を利用して、FXでありながら、定期自動購入積立の長期資産運用を実践、検証しています。

現在の私の積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)注文内容
現在の「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」の注文内容は以下のとおりです。

豪ドル:毎日:3倍:月5,000円
NZドル:毎日:3倍:月5,000円
南アランド:毎日:2倍:月5,000円

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

(平成28年1月11日開始)
検索フォーム
サイトマップ
過去記事の閲覧は、こちらから。

全ての記事を表示する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。