積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)で長期資産運用(外貨預金より有利なFX)

限定タイアップキャンペーン実施中。SBI FXトレードが提供している、全く新しいFXサービス「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」を利用して、FX取引での定期自動購入積立の長期運用を実践、検証していきます。ドルコスト平均法による為替差益とスワップポイント(金利)の両取りをしていきます。
SBI FXトレード

外貨預金より有利に外貨運用ができる「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
SBI FXトレードが提供している「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」は、高金利が魅力の外貨預金を始めようとされている方には必見の、外貨預金よりもかなり有利に外貨運用ができる、FX取引の仕組みを最大限に有効利用した他社にはない新しいサービスです。

私も実際に運用を始めていますが、ポイントごとに外貨預金と比較検討をすることにより、この「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」が本当に有利なものであることが鮮明になってきます。
以下に、そのポイントをあげますので、運用開始の検討材料にしてください。(各記事への直リンクです。)


いかがでしょうか。
ここまで読んでいただいて、少なくとも外貨預金よりは、相当に有利であることはご理解いただけたと思います。
少額から取引ができますので、ご自身に合った金額設定により、円預金より有利な外貨運用を始めていただければと思います。

日銀のマイナス金利導入発表以降、国内の金融機関から金利引き下げのニュースが後を絶たず、日本円での銀行預金金利がほぼ期待できない状況となった中で、外貨預金を選択する方が増えています。
しかし、見かけの高金利にひかれて安易に外貨預金へ切り替えたりすると、せっかくの外貨運用にもかかわらず、非常に効率の悪い資産運用となってしまいます。

外貨預金をやめろとまでは言いませんが、実際に外貨預金とFXの両方の利用経験がある私としては、無駄なコストが多すぎる外貨預金だけは選択肢にありません。

SBI FXトレードの「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」については、下のバナーから公式サイトをご訪問いただき、詳細をご確認ください。
  SBI FXトレード
現在口座開設で現金500円プレゼントキャンペーン中です。
現金500円プレゼントの適用には、「FX取引口座」の開設が必要のため、口座開設申込時に「FX取引口座及び定期取引口座」を選択してください。
(キャンペーン適用の必要が無い方は、「定期取引口座」の選択で大丈夫です。)

(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

更なる円高進行等によって、高金利の外貨運用に注目が集まっています。

今週は、日本はゴールデンウィークということで市場参加者が少なくなっているのですが、当然のことながら海外は通常通りです。
日本の休場を狙うわけではないでしょうが、円高が一段と進んできています。
過去には、2007年のサブプライムローンショックはお盆休みの真っ最中に起きており、こういった市場参加者の少ない時期は注意が必要です。

今日は、その流れに追い討ちをかけるかのように、豪ドルの政策金利が予想に反して引き下げられたことで、豪ドル円レートが急落、同じオセアニア通貨のNZドル円レートもつられて下落しています。
そして、ドル円も、それにつられるかのように、下値を拡大しているといった感じです。

さて、円高の進行は、何も悪いことばかりではありません。
輸入企業にとっては円の価値が高くなれば有利になりますし、米ドル決済が基本の原油の調達コストも下がりますので、日本国内全般にも良い影響もあるかと思います。

そして、個人の資産運用の面でも、大きな効果があります。
外貨預金をはじめとする外貨運用を始めるには非常に有利になります。
このブログで紹介しているレバレッジ付き定期外貨取引もそうですが、外貨運用をする場合には、円を外貨に替えて運用することになります。
そして、運用を終える場合には、外貨を円に戻すことになります。
そうなると、今のような円の価値が高くなっているときに外貨に替えて運用し、将来円安になった時、つまり円の価値が下がり外貨の価値が高くなっているときに円に戻すことで、為替差益を得ることができます。
したがって、円高時に外貨運用をスタートすることができれば、それだけ為替差益を獲得できる可能性が高くなるわけです。

そして、これは円高とは直接関係ありませんが、日銀のマイナス金利導入により、各銀行は円預金の金利を引き下げています。
それに対して外貨の金利は、円預金よりも相対的に高金利であるため、この点でも外貨運用に注目が集まっています。
先ほど書きましたが、今日、豪ドルは政策金利を引き下げましたが、それでも、円と比較すれば、桁違いの高金利であることに変わりありません。

私が外貨運用で活用しているのは、SBI FXトレードのレバレッジ付き定期外貨取引ですが、このブログの最上段の記事で書いているとおり、外貨預金と比較すると、非常に有利な点が数多くあります。
運用成果の面だけでなく、預けた資金の安全面でも有利となっており、外貨運用を検討されるのであれば自信を持っておすすめできます。

さらに、現在、当サイトとの限定タイアップキャンペーンも実施しており、通常の新規口座開設キャンペーンとの併用可能で、合計3500円分の現金やギフト券を獲得できるチャンスとなっています。

積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)は、外貨預金感覚でできる、全く新しいスタイルのFXです。
長期運用が基本ですが、ドルコスト平均法によるリスク逓減効果が期待できる上、こちらも完全自動購入ですからFX経験は不問です。
外貨預金よりも絶対にお勧めできる、FXの仕組みを有効活用した資産運用の一つです。

  SBI FXトレード
(2016年より新規口座開設をする際には、本人確認書類に加えマイナンバーを通知する必要があります。)

下のブログにも、「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」についての記事をアップしていますので、よろしければご覧ください。
  サラリーマン投資家の資産運用全公開 「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」
上の青字部分から、該当記事への直リンクとなっています。


[ 2016/05/03 21:32 ] その他、お知らせ等 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

kukaku

Author:kukaku
SBI FXトレードが導入した新商品「レバレッジ付き定期外貨取引」を利用して、FXでありながら、定期自動購入積立の長期資産運用を実践、検証しています。

現在の私の積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)注文内容
現在の「積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引)」の注文内容は以下のとおりです。

豪ドル:毎日:3倍:月5,000円
NZドル:毎日:3倍:月5,000円
南アランド:毎日:2倍:月5,000円

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

(平成28年1月11日開始)
検索フォーム
サイトマップ
過去記事の閲覧は、こちらから。

全ての記事を表示する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。